Catered lunch

コンテンツ

魅力がたくさん

バーミヤンという飲食店があります。昔からある飲食店であり、多くの人から人気があります。このバーミヤンの魅力としてあるのが本格的な中華料理を食べることができる点だと言えます。

詳細を読む

メジャーな店舗

ケンタッキーフライドチキンは多くの人が利用したことがあるファーストフード店です。そのため、店舗数もとても多く点在しています。また、子どもから大人まで人気が高いところになります。

詳細を読む

浸透している店舗

フライドチキンといえばケンタッキーと考える人が増えています。それほどケンタッキーの存在大きくなっていると言えます。また、ケンタッキーはデリバリーサービスも行なっています。

詳細を読む

様々な方向で活躍

野菜用の洗剤を利用して野菜についた農薬や化学物質を落としましょう。普段口にする野菜も安全性を考える必要があります。

宅配サービスが充実している弁当は大阪にありますよ。メニューや予算に合わせた弁当を提供してくれるからイベントにピッタリです。

食品衛生法のなごりです

野菜を洗剤で洗っている方はいらっしゃいますでしょうか。そんなこと考えられないという方もいらっしゃると思いますが、昔ながらの食器用洗剤には野菜も洗えると表記しているものもあります。これは戦後間もない頃に制定された食品衛生法のなごりで、当時は回虫や虫の卵などが付着したまま流通していたり、農薬が付着しているのでそれを落とすために洗剤を使用できるようにしていました。現在では徹底した品質管理のもと洗わなくても大丈夫な状態にして出荷したり、皮むきの徹底等により野菜を洗剤で洗わなくても健康上問題ないものが流通するようになったので洗剤を使って野菜を洗う習慣が少くなったと思われます。しかし2015年現在でも野菜も洗える洗剤は発売されています。

もしかしたら野菜を洗剤で洗う人が増えるかも

今後TPPや安い外国産の農作物の輸入増加により、野菜を洗剤で洗う方が増えていくかもしれません。外国産の農作物は一般的に日本の基準より多いまたは効果が強い農薬を使用しているようなので、農薬に対して不信感を覚えている人を中心に増加するのではないでしょうか。今でこそ野菜を洗剤で洗うという行為は知る人ぞ知るものになっていますが、メディア等で取り上げられれば爆発的に広がると思います。実際飲食店によっては、洗剤を使用して野菜を洗っている例があるようです。もちろん、極端な解釈をしなくてもいいと思います。野菜を洗剤で洗うことで健康意識を高めるもよし、別に気にしなくても大丈夫だと私は思います。ご自身の意識に合わせて考えていきましょう。